• 印刷する

テイクオフ:YouTubeを見てい…

YouTubeを見ていると途中で広告が出てくることがある。インドネシアの「Wi―Fi」を経由して再生するため、日本の動画を見ていても当地の広告が流れる。普段は5秒待ち、スキップボタンが出た瞬間に広告を飛ばす。

しかし、ある日流れてきた植民地時代を舞台にしたCMに見入ってしまった。言葉は分からなかったが、村人をいじめるオランダ部隊とみられる兵士たちをヒーローが懲らしめるストーリーだ。その独特な世界観とコミカルな演技にひきつけられた。国内で利用者が増えている電子マネー決済サービスOVOのCMだった。

古い時代を題材にしたCMと現代を象徴するYouTubeのミスマッチを逆に新鮮に感じたのだろうか。最後まで見入ってしまった。それがOVOの狙いだったとしたら、まんまとやられた。あの映像がいつまでも脳裏にこびりついていた。(中)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョクジャ新空港、国内線から運航開始(17:59)

首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ(17:07)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン