• 印刷する

ペトロナス、国際的再生エネ大手を買収

マレーシア国営石油会社ペトロナスは15日、シンガポール系の再生エネルギー供給会社アムプラス・エナジー・ソリューションズ(M+)を買収すると発表した。米インフラ投資会社アイスクエアド・キャピタルを通じてM+の全株式を取得する。出資額は非公表。

取引は今月中に完了する予定。ペトロナスは、マレーシア国内で複数の再生エネルギー案件に参加しているが、国際的な再生エネ事業に乗り出すのは初めてになる。M+は2013年設立。太陽光発電などを通じてインドをはじめ、中東、東南アジアの200カ所以上で150社以上の法人顧客に再生エネルギーを供給する。電力供給能力は合計で50万キロワット(kW)に上る。

ペトロナスのワン・ズルキフリ・ワン・アリフィン社長兼最高経営責任者(CEO)は今回の取引について「石油・ガスと並ぶ新しいエネルギー事業の展開に向けた戦略的行動となる。国際的な太陽光発電事業への初めての参入であり、高成長するエネルギー市場の顧客に新しいソリューションを提供していく」とコメントした。


関連国・地域: マレーシアシンガポールインド中東
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、世界最大の「ミロ」工場などに投資(16:00)

ペトロナス小売り部門、設備投資5億リンギ(15:59)

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン