長安汽車18年は91%減益、合弁の販売減響く

自動車大手の重慶長安汽車が14日発表した2018年12月期本決算(速報値)は、売上高が前年同期比17.1%減の662億9,800万元(約1兆1,100億円)、純利益が90.8%減の6億5,400万元だった。同社は大幅減益の理由について、傘下の合弁企業の投資収益が落ち込んだためとしている。 18年の…

関連国・地域: 中国-重慶日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現代自が好転、1Q営業益は21%増(17:38)

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(19:24)

日系企業の求人、1~3月は製造業で横ばい(17:42)

宜佳旅遊と中国中信、リゾート開発で提携(20:06)

コメ輸出、中国向け減で低迷 EU、アフリカ問題も逆風(04/25)

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

テイクオフ:きれいに整備された通り…(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

2Q中小景況感がV字回復 4四半期ぶりの上昇、3年で最大(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン