• 印刷する

ホテルの雲朗観光10周年、国際化にまい進

ホテルチェーン、雲朗観光集団(LDCグループ)の盛治仁総経理はこのほど経済日報のインタビューに応じ、今年で創業10周年を迎えたことに触れ、「次の10年間は『洗練さ』『カスタマイズサービス』『国際化』の3つの目標に向けて事業展開を進める」との方針を示した。長期的には、台湾における国際的な一流ホテルブランドとしての成長を目指す。

15日付経済日報が伝えた。雲朗観光は18日に創業10周年の祝賀行事を開催する予定。盛総経理はこれまでの10年間を振り返り、「ブランドを構築し、認知度を高める期間だったが、認知度の点では依然として成長の余地がある」と指摘。現在直面する国際的なホテルブランドの相次ぐ台湾進出や、宿泊施設仲介サイト運営のエアビーアンドビー(Airbnb)などとの競争については、「台湾ブランドとして地場の環境とより密接な連携を図って市場を把握し、消費者それぞれに合ったサービスを提供することで競争力の強化を図る」と意気込んだ。

雲朗観光は主にホテル事業と婚礼事業を手掛け、このうちホテル事業では5ブランドを展開している。2019年中旬には宜蘭県礁渓郷で6ブランド目となる「品文旅」の試験営業を始める予定。海外ではイタリアでホテルを運営し、現在はフィレンツェで同国内6軒目のホテル建設を進めている。


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: サービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(19:24)

テイクオフ:バットから放たれた白球…(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

ASUS、インドのノートPC市場で存在感(04/25)

科妍、仏マコファルマと販売ライセンス契約(04/25)

生活用品最大手の小北百貨、500店展開へ(04/25)

「餃子の王将」、台北1号店が27日オープン(04/25)

東元、トルコアイス「MADO」1号店開店(04/25)

外食の王品、上海に新ステーキレストラン(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン