豪州の集合住宅、新築急増で価格下落か

オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は、年2回発表する金融安定評価書(FSR)の最新版で、集合住宅の新築による供給過多が、住宅価格の下落を招くと懸念している。特に、この先2年間に建築が完了する集合住宅が多いシドニーとメルボルンで、そのリスクが高いとみられる。だ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:たっぷり10分は遅れて…(09/13)

豪企業、アジア収益50%以下 機会拡大も生かしきれず(09/13)

バイオセキュリティー税、豪政府が見直しへ(09/13)

豪のリサイクル不備、年3.24億ドルの損失に(09/13)

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

アクランド炭鉱拡張、再審予定も見通し不明(09/13)

天斉リチウム、WA工場の拡張工事を延期(09/13)

NSW水不足深刻、製造業・鉱業にリスク(09/13)

ブリスのオフィス投資額、08年以来の高水準(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン