• 印刷する

テイクオフ:中国人観光客の日本での…

中国人観光客の日本での「爆買い」がやや落ち着いたと言われる。原因は、ほしいものを一通り買ってしまったため、代理購入業者への規制が強化されたためといったことが挙げられている。

数日前に出張した上海で、こちらで働いている日本人の知人に再会した。知人が「日本製品が多く売っている商業施設があるから行ってみよう」と言うので、誘われるがままに足を運んだ。すると、知人の言う通り、あるわあるわ、日本製品。輸入品もあれば、これまでは輸入されていたがいつの間にか進出日系企業が現地生産をはじめた商品もある。もしかすると、爆買いが下火になった原因の一つは「日本に行かなくても中国で手に入るようになったから」ではないかと推測せずにはいられなかった。

見ると、ふだん暮らしている広州にはないものも多い。これは自身も帰国時には「爆買い」をせず、週末にふらりと上海に来て買えばよいのではと本気で考えてしまった。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業と連携し他社製との違い追求、オッポ(11/14)

テイクオフ:大手プラットフォーム2…(11/14)

日系2社が賃貸物流施設着工 来年半ばまでに10区画成約へ(11/14)

ECで化粧品「爆買い」復活 若年層が支持、日本企業も進出増(11/14)

タタ自、JLRの運営で他社との提携検討(11/14)

中国高官、近く香港訪問か=党方針を説明(11/14)

今年の新車販売8%減へ、自動車工業協会予測(11/14)

チャウピュー特区、環境影響評価に着手(11/14)

経済座談会、李首相が経済目標達成へ決意(11/14)

MGモーター、EV市場で主導的地位目指す(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン