• 印刷する

テイクオフ:中国人観光客の日本での…

中国人観光客の日本での「爆買い」がやや落ち着いたと言われる。原因は、ほしいものを一通り買ってしまったため、代理購入業者への規制が強化されたためといったことが挙げられている。

数日前に出張した上海で、こちらで働いている日本人の知人に再会した。知人が「日本製品が多く売っている商業施設があるから行ってみよう」と言うので、誘われるがままに足を運んだ。すると、知人の言う通り、あるわあるわ、日本製品。輸入品もあれば、これまでは輸入されていたがいつの間にか進出日系企業が現地生産をはじめた商品もある。もしかすると、爆買いが下火になった原因の一つは「日本に行かなくても中国で手に入るようになったから」ではないかと推測せずにはいられなかった。

見ると、ふだん暮らしている広州にはないものも多い。これは自身も帰国時には「爆買い」をせず、週末にふらりと上海に来て買えばよいのではと本気で考えてしまった。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

環境施設の運営企業、所得税を15%に軽減(19:25)

中国スマホのリアルミー、地場ECと提携(12:00)

国家顧問が一帯一路会議へ 中国側、会談で10億元融資表明(04/26)

「国と認めず」、圧力にめげず 看見カンボジア(3)中国に乗れ(04/26)

クラウド・AIの拠点設置 華為、最新技術で事業基盤強化(04/26)

一帯一路国際フォーラム開幕 構想の推進加速、研究機関も設立(04/26)

マカオの医療保険計画、まず珠海で試行か(04/26)

ネット番組の市場規模、18年は56.6%増(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

1Qの消費者苦情、アフターサービスが3割(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン