爆弾テロで20人死亡、少数派狙う

【イスラマバード共同】パキスタン南西部バルチスタン州の州都クエッタにある青果市場で12日、爆弾テロがあり、地元当局によると、少なくとも20人が死亡、48人が負傷した。現場はパキスタンで少数派のイスラム教シーア派を信仰するハザラ人が集まる市場で、当局はハザラ人を狙った…

関連国・地域: インドパキスタン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

テイクオフ:インドではヒンズー教徒…(11/11)

富士電機がインド事業拡大 5年で売上倍増、製造ハブに(11/11)

地場と中国勢、西部プネに電気バス工場を設置(11/11)

和碩が投資拡大へ、越・印に工場計画(11/11)

マヒンドラ、7~9月は8割減益(11/11)

ヒーローが海外販売を強化、1割に拡大(11/11)

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売(11/11)

みずほ銀、日印スタートアップ連携支援を強化(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン