• 印刷する

テイクオフ:視力障がいを持ちながら…

視力障がいを持ちながら世界で人気を集める若手日本人ピアニスト。その香港公演が香港大学で開催された。あまり大々的に宣伝されておらず、香港大学に通う知り合いの留学生が学内掲示板で発見し、運良くチケットを入手することができた。

来場客に障がいのある人々を多く見かけたのが印象的。一度は生で聴いた方がよいと言われるその演奏。余分なパフォーマンスは一切なく、音だけで完全に表現された世界だった。一方、何度も深くお辞儀を繰り返し、売れっ子のピアニストにもかかわらず謙虚な姿勢が非常に好感を抱かせた。

市内の音楽ホールに劣らぬ一流の設備を備えた香港大学のホール。約1,000人を収容でき、演奏家が奏でる繊細な弱音までくっきりと浮かび上がらせる音響の良さに驚いた。一流の音楽を手ごろな価格で、学生のみならず市民に一般販売しているのも評価が高い。(保)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロハスパーク第11期、信和などが落札(12:39)

医療サービス拡充に2700億$ 病院の建て替え・拡張で病床増(04/26)

マカオの医療保険計画、まず珠海で試行か(04/26)

MTR運賃値上げ、本格開始は来年4月から(04/26)

3月のコンテナ取扱量、14カ月連続マイナス(04/26)

香港航空、パイロットに移籍を提案(04/26)

空港第3滑走路、埋め立てに18週の遅れ(04/26)

本土銀が香港で迂回融資、金融当局が指摘(04/26)

HKMA、中国輸出信用保険と提携(04/26)

HKEXの上場改革から1年、活用9社のみ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン