• 印刷する

今年の成長率2.5%、ハンセン銀が下方修正

英系金融大手HSBCグループの恒生銀行(ハンセン銀行)の薛俊昇(トーマス・シット)首席エコノミストは12日、香港の2019年の経済成長率が前年比2.5%になると予測した。NNAの取材に答えた2月時点の2.7%成長予測から下方修正した。世界経済の成長鈍化を理由に挙げた。13日付信報などが伝えた。

一方で、薛エコノミストは、2月の小売売上高(速報値)が17年2月以来24カ月ぶりにマイナスに転じたものの、香港の失業率の低さと、直近の株高による資産効果が消費を押し上げると指摘。米中貿易摩擦によって香港の貿易は影響を受けるが、「今年の香港経済がとても悪くなることもない」と見通した。

直近で香港銀行間取引金利(HIBOR)が上昇していることにも触れ、今月の連休の多さなどが影響しており、季節要因が終わればHIBORは下落に向かうと予測。今年通年ではHIBORが安定して推移するとみている。

中国本土経済については、第1四半期(1~3月)の成長率が前年同期比で6.4%になるとの見方を示した。固定資産投資の回復や消費の伸び継続を要因に挙げた。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近住んでいる物件の持…(04/24)

スーパーの商品価格が上昇 18年度調査、コメが大幅値上がり(04/24)

新地系モール、イースターの売上高2割増(04/24)

宝飾品TSL、東涌にアウトレット店開設へ(04/24)

美容器のヤーマン、香港旗艦店の出店を検討(04/24)

東亜銀行が新部署設置、大湾区業務を集約(04/24)

種類株、7月から港股通で取引可能に(04/24)

スタンチャート、銀行アプリに新機能(04/24)

続落、支援材料に欠く=香港株式(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン