12日指数は続落、様子見ムード拡大

12日の台湾株式市場で、加権指数は続落。終値は前日比3.47ポイント(0.03%)下落し10,805.30ポイント、売買代金は1,193億1,900万台湾元(約4,320億円)だった。 12日の集中市場は、米大手企業の業績発表が近づいていることを材料に、投資家の間で様子見ムードが広がった。朝方こ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマー中部のバガン…(10/16)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

量販店販売が2000億元超へ 19年予測、価格競争が激化(10/16)

電動バイクシェアサービス、南部に拡大(10/16)

食品商談会、道が輸出1500億円目指しPR(10/16)

自転車大手2社、9月はともに増収(10/16)

国産建材実業、中国のセメント市場撤退(10/16)

アップル、鴻海の工場でスマホ生産開始(10/16)

カルフールが桃園に物流拠点、ECに対応(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン