• 印刷する

週末マーケット、ヤンゴンで来月オープン

ミャンマー最大都市ヤンゴン南部のパンソダン通りで、5月4日から毎週末に新たなマーケットが開催される。電子メディアのイラワジが伝えた。

マーケットを運営するのは、ミャンマー管区政府が実施した入札で落札したゴールデン・マーケット・ミャンマー・カンパニーで、契約期間は1年間。

同社によると、マーケットは朝と夜の時間帯に営業するが、どちらかのみ開店する店舗もある。食品や衣類のほか、観光客向けに土産物を販売する露店など80店以上が出店し、いずれもミャンマー産の製品を中心に販売する。

出店料は終日が2万5,000チャット(約1,850円)。朝または夜のみの出店には、別料金を適用する。来場者や観光バス用に、駐車場の整備も進めている。

ヤンゴンでは、ヤンゴン川沿いのストランド通りなどでナイトマーケット(夜市)が開かれている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売り観光

その他記事

すべての文頭を開く

中緬経済回廊の事務所、ネピドーに開所(15:09)

住商、インフラ事業を推進 コンソーシアムが鉄道改修着工(05/20)

コーポレートガバナンスコード、来年公布へ(05/20)

ロヒンギャ27万人に身分証、国連が発行(05/20)

ヤンゴンバス車両、6割が新車に(05/20)

海外への新規出稼ぎ者、4月は2万人(05/20)

家畜業者、銀行融資の金利見直し求める(05/20)

無許可の中国系バナナ農園が拡大、カチン(05/20)

CNGバス増加、日量65万立米のガス供給(05/20)

河川中州が中国企業に不当賃貸か=ザガイン(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン