• 印刷する

テイクオフ:あるチャリティー団体を…

あるチャリティー団体を主催する日本人の知人が、「日本人にはチャリティー精神が根付いていないのか」とため息を漏らしていた。聞くと、彼らが日本人によるパフォーマンスなどを出すイベントをシドニーで企画し、わずか数豪ドル程度の入場料を取ったところ、来場した多くの日本人女性が、入場料の支払いを断固拒否したという。

彼女らの言い分は「我が子のパフォーマンスを見に来たのに、なぜ入場料を払わなければならないのか」というもの。知人らは「営利目的ではなく、資金集めのチャリティー・イベントなので」と何度も説明したが、分かってもらえなかったらしい。

確かにチャリティー精神が欠けているという面もあるかもしれないが、こちらが思うに、オージー団体が主催だったらそこまで強情を張れたかどうか。相手が日本人だと日本人客は強く出る、という悪例だろう。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪で二輪車需要が拡大、日本ブランド大幅増(18:17)

日産、メルボでUTEを豪仕様に組立て(18:17)

WA政府、リチウム下流事業促進で税制改革(18:17)

テイクオフ:地元高校に通っていたわ…(10/14)

連邦と州、生産性引上げで協力 700億$以上の経済効果狙う(10/14)

州政府向けインフラ支援、連邦政府が拒否(10/14)

豪の都市と地方の経済格差、世界で4位(10/14)

日本製紙、オーロラ買収でビジーに迫るか(10/14)

豪銀が預金金利引き下げ、退職者には痛手(10/14)

株主決議案、豪大手3行に脱化石燃料圧力(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン