• 印刷する

豪の不動産ファンド、調達額アジア太平洋最大

オーストラリアの非上場不動産ファンドへの投資額が、2018年に30億米ドル(約3,352億7,045万円)となり、アジア太平洋地域(APAC)の単一国向けファンドの中で46%と最大のシェアを占めたことが分かった。複数国向けを含めた全体のファンドの中では23.2%を占めた。調査によると、71.9%のファンドマネジャーが資金調達活動は今後も継続して活発となると予想している。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が伝えた。

アジア非上場不動産投資家協会(ANREV)は、欧州や米国の機関投資家と連携し、世界各国の203件のファンドマネジャーから得たデータを基に調査を実施した。

大規模な非上場不動産ファンドを運用する代表的な地場ファンドマネジャーは、金融AMPキャピタル、投資会社QICグローバル・リアル・エステート、不動産大手レンドリース、不動産投資信託(REIT)デクサス、不動産投資大手チャーターホールなど。

アジア太平洋地域では、総額131億米ドルが非上場不動産ファンドに投資された。そのうち単一国向けファンドでは、産業用不動産ファンドへの投資が半数を占めた。一方、商業用不動産への投資が占める割合は8.6%、オフィス用不動産は10.3%だった。

商業用不動産への投資低下は、レンドリースが運用する非上場不動産ファンド向けプラットフォームで最近、投資家がショッピングセンターの証券発行主体に対し合計20億豪ドル(約1,594億円)の償還を求めたことに裏付けられるという。

国際的にみると、非上場不動産ファンドは18年には、最低でも1,854億米ドルの資金を調達したといい、調達額は前年比で15.7%増加した。そのうち半数以上の1,019億米ドルは既に投資が完了しているとみられる。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(16:21)

三菱UFJ、アリウム債権をバンカメに売却(16:23)

最高税率区分に入った納税者、5年で26%増(16:30)

親日度調査、「大好き」の割合2位に浮上(04/25)

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

テイクオフ:不注意で頭をぶつけ、流…(04/24)

豪政府、小企業ファンド新設 1億$拠出で事業25万件創出へ(04/24)

〔ポッサムのつぶやき〕トランプ大統領訪豪へ、でもゴルフ目当て?(04/24)

労働党、外国人労働者の21%賃上げを公約(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン