流通大手3社が増益、海外けん引や最高益も

【共同】スーパー、コンビニなど流通大手4社の2019年2月期連結決算が11日、出そろった。セブン&アイ・ホールディングスなど3社は海外事業などがけん引し本業のもうけを示す営業利益が前期比で増えた。ローソンは新しいレジへの投資などがかさみ、減益だった。 セブン&アイは…

関連国・地域: 日本
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(19:26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(16:21)

三菱UFJ、アリウム債権をバンカメに売却(16:23)

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(19:24)

日系企業の求人、1~3月は製造業で横ばい(17:42)

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

ホンダ、模倣品対策に本腰 電動スクーターや部品で続く流通(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

首都近郊に日本企業向けSEZ バングラ、9月に造成工事を開始(04/25)

JALとガルーダ、提携拡大 名古屋便など3路線で共同運航(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン