コンビニ、脱24時間へ取り組み拡大

【共同】コンビニ業界が深刻な人手不足に対抗するための施策に本腰を入れ始めた。ローソンは11日、24時間営業を取りやめる店舗数の拡大を発表し、ミニストップは買い物客が自分で商品のバーコードを読み取って会計する「セルフレジ」の全店導入を公表した。大手中心だった取り組み…

関連国・地域: 日本
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(18:01)

「精密農業」の強化に着手 官民連盟発足、日本超え目指す(11/15)

上場商銀、3Qは2%増益 生保販売やデジタル化で収益確保(11/15)

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

テイクオフ:外国人旅行者の誘致に力…(11/15)

【アジア三面記事】大胆なテイスティング(11/15)

豊田合成、タイビンのエアバッグ工場拡張(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン