• 印刷する

《日系進出》医療・産業機械キーテック、子会社設立

医療・産業機械設計・製造のキーテック(滋賀県栗東市)は、ベトナムに国内2社目となる子会社を設立した。ベトナムおよび近隣諸国における自動機の需要増を見込み、設立に至ったという。同国での生産を強化し、3年後にベトナムでの生産比率50%を目指す。

子会社名は「キーテックエンジニアリング」。ホーチミン市9区のサイゴン・ハイテク・パーク内に3月に設立した。工場は5月初旬の完成予定で、約1,000平方メートルの組み立てエリアと80平方メートルの空調組み立てエリアに事務所と設計室が併設する。同月中旬ごろより稼働開始予定。従業員は5人からスタート、医療・産業機械の設計や組み立て、据え付けから保守までを手がける。

キーテックは2003年に設立した。11年にはベトナム南部ロンアン省のロンハウ工業団地に同社100%子会社のキーテックベトナムを設立し、医療・産業機械の部品生産を開始していた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

つながる工場、自動化が壁に 第4次産業革命「不可避」も(10/15)

きらぼし銀行、コンサル現地法人を正式開所(10/15)

現代自、9月の販売台数が7681台でトップ(10/15)

サムスン電機、主基板事業をベトナムに移管(10/15)

フエ人民委、自動車組み立て施設計画を承認(10/15)

第2ミートゥアン橋本体、20年1Q着工へ(10/15)

HCM市の住宅価格が上昇、供給不足などで(10/15)

韓国デウォン、北部で工場建設受注(10/15)

東急と三菱地所のマンション、販売開始(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン