• 印刷する

《日系進出》医療・産業機械キーテック、子会社設立

医療・産業機械設計・製造のキーテック(滋賀県栗東市)は、ベトナムに国内2社目となる子会社を設立した。ベトナムおよび近隣諸国における自動機の需要増を見込み、設立に至ったという。同国での生産を強化し、3年後にベトナムでの生産比率50%を目指す。

子会社名は「キーテックエンジニアリング」。ホーチミン市9区のサイゴン・ハイテク・パーク内に3月に設立した。工場は5月初旬の完成予定で、約1,000平方メートルの組み立てエリアと80平方メートルの空調組み立てエリアに事務所と設計室が併設する。同月中旬ごろより稼働開始予定。従業員は5人からスタート、医療・産業機械の設計や組み立て、据え付けから保守までを手がける。

キーテックは2003年に設立した。11年にはベトナム南部ロンアン省のロンハウ工業団地に同社100%子会社のキーテックベトナムを設立し、医療・産業機械の部品生産を開始していた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

LGが韓国でスマホ生産停止 ベトナムに移管、組織改編を加速(04/26)

昭和電工、南部にアルミ缶第3工場(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

釜山港湾公社、越に東南アジア代表部を開設(04/26)

空港の車両乗り入れ料金、来年から廃止へ(04/26)

ベトナム航空、電話チェックイン導入(04/26)

ベトナム航空、5月7日にHOSE上場(04/26)

ビンG、ハノイでスマートシティー着工(04/26)

日本板硝子の子会社、地場と合弁設立の契約(04/26)

FPTリテール、1~3月の利益は横ばい(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン