大湾区の人口、50年に2倍超の1.5億人か

中国経済改革研究基金会・国民経済研究所の所長を務める樊綱氏はこのほど、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」のエリア人口が2050年に1億5,000万人に達するとの見通しを示した。現在の約7,000万人から2倍に膨らむ。11日付星島日報が伝えた。 シンガ…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

徳昌電機が生産移管検討、貿易摩擦受け(19:39)

半数超が大湾区での勤務考慮 香港人調査、給与水準などに魅力(05/17)

新卒の就活厳しく、大卒者の増加で(05/17)

大湾区の産業構造、15年内に転換=DBS(05/17)

対中関税は米消費者が負担、工業総会会長(05/17)

香港と東南ア5カ国、IAを6月17日発効(05/17)

スタートアップランク、香港は28位に上昇(05/17)

SFC、オランダとファンド相互承認で覚書(05/17)

続伸、貿易戦激化も一部に買い=香港株式(05/17)

クレカ売掛債権、3月末は6.2%減(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン