大湾区の人口、50年に2倍超の1.5億人か

中国経済改革研究基金会・国民経済研究所の所長を務める樊綱氏はこのほど、広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想「粤港澳大湾区」のエリア人口が2050年に1億5,000万人に達するとの見通しを示した。現在の約7,000万人から2倍に膨らむ。11日付星島日報が伝えた。 シンガ…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

林鄭長官、議会で施政報告行えず(13:38)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

テイクオフ:香港は今、秋の芸術シー…(10/16)

資産の海外移転、市民が関心 緊急条例臆測で問い合わせが急増(10/16)

金管局、銀行の資本強化基準下げ=中小支援(10/16)

SFCのアルダーCEO、来年9月に退任へ(10/16)

香港の実質マイナス金利、株式市場に追い風(10/16)

反落、材料乏しく小動き=香港株式(10/16)

マカオ証取計画、アナリストが困難と指摘(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン