卵のイセ食品、越事業に参入 東南アで大規模ファーム開発計画

鶏卵最大手のイセ食品(埼玉県鴻巣市)が、ベトナムで生食可能な卵の生産に乗り出した。ホーチミン市の地場企業と提携し、今月から市内の日本食レストランやスーパーに販売する。同市での販路拡大とブランド認知を目指し、ベトナムで大規模農場の建設を計画中だ。アジア事業に注力…

関連国・地域: ベトナム日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

GDP、再算出で25%底上げ 債務の比率改善、公共投資に影響も(12/16)

鉄道総公社、踏切の自動警報装置を整備中(12/16)

ドローンの管理強化を指示=ビン副首相(12/16)

ベトナム航空、米国線は乗り継ぎ運航優先か(12/16)

タクシーのビナサン、ハノイ営業を開始へ(12/16)

地場企業、サムスンとスマート住宅で提携(12/16)

ハノイ、集合住宅の独自管理規則作成へ(12/16)

旺旺集団、ベトナムに食品工場建設(12/16)

ヤマシンフィルタ、越に子会社設立へ(12/16)

中本パックス、フエに製造販売拠点(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン