一村一品製品の空港販売額、18年は4億円超

タイ商務省商業開発局(DBD)は、2018年の主要3空港における一村一品(OTOP)製品の売上高が1億2,700万バーツ(約4億4,400万円)だったと発表した。9日付プーチャッカーンが報じた。 空港別の売上高は、バンコク東郊のスワンナプーム国際空港が8,400万バーツ、南部プー…

関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

貿易成長性番付、東南ア5カ国がランクイン(17:37)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:オフィスの最寄り駅周辺…(09/24)

タイ大手の環境経営に高評価 ESG銘柄の選出、東南アで最多(09/24)

EEC開発予算、20年度は600億円割り当て(09/24)

研究開発費、19年は32%増の7千億円規模へ(09/24)

VAT還付窓口の事業、申請受付を近く開始(09/24)

ブルーライン延伸区間、全11駅で試験運行(09/24)

泰との共同開発海域、R&Dに400万ドル支援(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン