ビッグデータの世界標準狙う 海事協会、プラットフォーム提供で

日本海事協会が船舶のビッグデータ活用でグローバルスタンダード(世界標準)を握ろうとしている。製造業を中心に企業間でデータ共有が進む中、船舶関連の情報は利活用が遅れている。独自に開発した船舶データの流通プラットフォームを全世界に普及し、新たなエコシステム(複数の…

関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: その他製造運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

定年・再雇用年齢、労組が65・70歳を提示(19:30)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(16:21)

テイクオフ:普段はあまりジャンクフ…(04/25)

デジタル人材の育成に注力 金融職種、3分の1代替で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

農産物商社オラム、アフリカの製粉会社買収へ(04/25)

音楽配信スペースシャワー、地場企業に出資(04/25)

不動産パシフィック、アルミ建材事業を売却(04/25)

三菱地所、チャイナタウンの商業物件取得へ(04/25)

西部に鉄道試験センター、関連インフラ整備へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン