AIツールの米社、拠点拡充に2500万ドル

検索と人工知能(AI)を活用したデータ分析ツールを展開する米ソートスポットは、インド南部ベンガルール(バンガロール)のエンジニアリングセンターの機能拡充に、向こう2年間で2,500万米ドル(約28億円)を投資する計画だ。PTI通信が8日に伝えた。 ソートスポットは201…

関連国・地域: インド米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

テイクオフ:朝の通勤時、日ごとに外…(10/15)

再エネ目標は4割未達=調査 政府は「目標達成に自信」と反論(10/15)

アダニとトタル、都市ガスに提携範囲を拡大(10/15)

首都の電気料金、ネットで追加入金可能に(10/15)

スズキ、新興5社とモビリティーで協業探る(10/15)

公営2社、北部のEV充電施設整備で連携(10/15)

三井住友銀、インド市場のセミナー開催(10/15)

本年度の成長見通し、世銀が6%に下方修正(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン