賠償金の請求交渉に応じず ライオン機墜落事故の遺族が会見

インドネシアで昨年10月に起きたライオンエア機墜落事故で、乗客11人の遺族の代理人を務める法律事務所カイリマン・アンド・ポントが8日、首都ジャカルタで記者会見し、ライオンエアが賠償金の請求交渉に応じず、被害者補償が全く進んでいないことを明らかにした。賠償金について…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(12:56)

プラ袋は全量再利用可能、使用禁止に反対(13:46)

配車グラブ、女性保護で安全機能強化(11:34)

テイクオフ:1週間分の食材を両手に…(04/25)

JALとガルーダ、提携拡大 名古屋便など3路線で共同運航(04/25)

同日選挙の問題点次々、死者は119人に(04/25)

2700カ所の投票所が再投票を申請(04/25)

メーデー、今年は大統領宮殿で5万人がデモ(04/25)

デスティニ関連会社、航空機2社の点検受注(04/25)

ジョクジャ新空港の開港間近、鉄道も準備(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン