在英企業に離脱の負担重く、在庫蓄積や投資抑制

【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱交渉の着地点が見えない中、在英企業は条件面の取り決めのないままEUを抜け出す「合意なき離脱」への準備を強いられ負担になっている。製造業は物流が混乱し部品調達ができなくなる事態に備え在庫を蓄積。EUとの将来関係も不透明で…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

バイオ燃料製造で資金調達、ソニー銀が支援(11/19)

政府が5G整備促進で減税へ、中国製除外も議論(11/19)

ヤクルト、ミャンマー含め40カ国・地域に(11/19)

21年末で化石燃料関連の融資停止へ、欧州投資銀(11/19)

強みのエックス線機器で攻勢 富士フ、予防診断医療を推進(11/19)

三重県企業が商談会、食品中心に24社出展(11/19)

三井物産、2件目の大型ガス火力建設へ(11/19)

GTキャピタル、完成車輸入制限に反対(11/19)

出光興産、ジョ州でSPS樹脂生産へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン