• 印刷する

エアバスヘリ、拠点拡充で域内MRO拠点に

欧州航空宇宙防衛大手エアバス傘下のエアバス・ヘリコプターズ(旧ユーロコプター)は、マレーシアを東南アジア域内の整備・修理・分解点検(MRO)拠点にする方針を示した。すでにスランゴール州スバン拠点の拡充を明らかにしている。ニュー・ストレーツ・タイムズが5日に伝えた。

同社のブルーノ・エヴェン最高経営責任者(CEO)は、マレーシア事業について「アジア太平洋地域の中で潜在性が高く、軍用機・民間機の中心地として基盤を強化していく」と話した。スバン拠点を拡充することで、東南アジア全域の大規模MROを実施できるようになるほか、新型機の組み立て、配送の拠点としても活用していくと説明した。4月末までにマレーシア民間航空局(CAAM)から認可を取得し、1~6月(上期)中に新造ヘリコプター12機を納入する計画だ。

このほか、マレーシアにAS365「ドーファン」ヘリコプターの訓練シミュレーターを設置し、域内で同機を導入した顧客向けの訓練センターとしての機能も強化する。スバンでは既に、マレーシア空軍でも採用されているエアバス製のH225ヘリコプター用の操縦訓練を域内の顧客向けに実施している。

エアバス・ヘリコプターズの製品は、マレーシア国内の民間・公共ヘリコプターの半数を占める。アジア太平洋域内では、合計2,000機以上が採用されている。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: その他製造建設・不動産運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプール北郊に…(10/15)

予算案の税制措置は緩和方向 景気弱含み配慮、日系にも恩恵(10/15)

不動産投資、東南アにシフト=香港不安で(10/15)

太陽光設備のリース企業へ優遇、普及に弾み(10/15)

外国人の保有可能な住宅、下限60万リンギに(10/15)

RM1=25.9円、$1=4.19RM(14日)(10/15)

手袋業界、最低賃金引き上げで価格上昇か(10/15)

F&N、ペルリス州の取得用地に酪農拠点(10/15)

首相の国連演説、パーム油の対印輸出にも影響か(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン