ナガ、カジノ3号館建設へ 老朽住宅跡地、メコン最大規模

カンボジアで統合型カジノリゾート(IR)「ナガワールド」を運営する香港上場の金界控股(ナガコープ)は、首都プノンペンで3号館の建設に乗り出す。投資額は最大38億~40億米ドル(約4,200億~4,400億円)。既存の施設近くにあった老朽住宅の跡地に高さ300メートル弱のビルなど…

関連国・地域: 香港カンボジアマレーシア
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

20年の最低賃金4.4%上昇、月190米ドルに(09/24)

租税総局の新庁舎着工、65億円投資(09/24)

スカイアンコール航空、台湾2県に就航へ(09/24)

代表ら3選手 日本のサッカーJで学ぶ(09/24)

テイクオフ:「俺が話をつけてやるか…(09/23)

中国2社、南西部タタイ川に水力発電所建設(09/23)

首都のコンド急増、30年には30万戸規模に(09/23)

証取委がタイと覚書締結、相互取引で提携へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン