ポスコ、マグネシウム事業から撤退か

8日付ソウル経済新聞によると、韓国鉄鋼大手ポスコは内部でマグネシウム板材工場売却の検討を始めた。売却が決まれば13年に及ぶマグネシウム事業から撤退することになる。同事業は需要の読み違えで赤字が続く上、環境汚染問題にも足を引っ張られた。 ポスコは2006年にマグネシウ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と同様に韓国も「四…(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

エアプサン、仁川発着の中国・台湾便就航(11/21)

10月の訪日韓国人65.5%減、日韓対立が響く(11/21)

10月の生産者物価、4カ月連続で下落(11/21)

20年成長率、ムーディーズが2.1%と予測(11/21)

韓国のPM2.5、5割は国内要因で発生(11/21)

SKT、5G活用のVR事業に本腰(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

韓国ロッテ化、投資額を43億ドルに引き上げ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン