江蘇省が化学メーカー淘汰へ、台湾企業も警戒

相次ぐ化学メーカーの爆発事故を受けて、江蘇省政府が安全検査や企業の淘汰・集約に乗り出している。省内に拠点を置く台湾系資本(台商)も警戒を強めているもようだ。 8日付工商時報によると、同省政府は今月初め、大規模な爆発事故が起きた響水県生態化学工業園区の閉鎖を発表…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪石炭の需要、パリ協定下でも年4.5%減に(09/13)

イナリ、台湾PCLと光トランシーバー合弁(09/13)

テイクオフ:えっ、ここは村じゃない…(09/12)

米中摩擦で中国は技術大国へ、PwC専門家(09/12)

鴻海グループがインド強化 決済通貨をルピーに変更へ(09/12)

ノートPC受託5社、8月は和碩が前年比増(09/12)

聯発科技、8月売上高は過去最高に迫る(09/12)

カンクン、発電事業に3年で986億円投資(09/12)

中石化、価格下落継続ならCPL減産も(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン