百貨店業の成長鈍化、1~2月は2%増収

台湾経済部(経済産業省)統計処がこのほど発表した2019年1~2月の百貨店業の売上高は、559億台湾元(約2,021億円)で前年同期比1.9%増えた。同処によると、百貨店業の近年の売上高は右肩上がりを維持しているが、ここ数年は電子商取引(EC)の急速な発展を背景に緩やかな伸び…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台湾のクルーズ市場、3倍以上に拡大余地(13:36)

テイクオフ:「麻酔を打つのは、子宮…(10/14)

中国訪台規制、影響が鮮明化 国慶節効果なく、リストラ続出も(10/14)

TSMCの9月売上高、高水準を維持(10/14)

聯発科技、9月売上高は1年ぶり高水準(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日月光投資控股、9月売上高が過去最高更新(10/14)

南亜科、3Q純利益は3年来の低水準(10/14)

AD調査を半年延長、日台の工作機械(10/14)

トリプラ、台湾でホテル向けAIサービス(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン