【為替マーケット分析】膨らむ米中貿易交渉進展期待、萎む世界景気後退懸念

■これまでの動き 先週の豪ドルは、高値0.7132米ドル、安値0.7052米ドルと見慣れたレンジ内での取引に終始した。 先々週末3月31日に公表された中国3月製造業購買担当者景気指数(PMI)国家版が、拡大と縮小の節目となる50を2018年10月以来5カ月ぶりに上回ったことを好感し…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地元高校に通っていたわ…(10/14)

連邦と州、生産性引上げで協力 700億$以上の経済効果狙う(10/14)

州政府向けインフラ支援、連邦政府が拒否(10/14)

豪の都市と地方の経済格差、世界で4位(10/14)

日本製紙、オーロラ買収でビジーに迫るか(10/14)

豪銀が預金金利引き下げ、退職者には痛手(10/14)

株主決議案、豪大手3行に脱化石燃料圧力(10/14)

ビザ管理民間委託、野党が競争委に調査依頼(10/14)

権力ある役員ランキング、大手銀会長が首位(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン