オフィス完成面積がピークに 今年は11年ぶり多さへ、取引復調

香港のオフィスビルの完成面積が今年大きく反発して直近年のピークに達する見通しだ。不動産価格の査定を行う香港政府差餉物業估価署によると、今年の完成面積は前年から6割近く増え、2008年以来過去11年で最多になるとみられる。直近ではオフィスの取引も大きく上向いている。 …

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

医療サービス拡充に2700億$ 病院の建て替え・拡張で病床増(04/26)

マカオの医療保険計画、まず珠海で試行か(04/26)

MTR運賃値上げ、本格開始は来年4月から(04/26)

3月のコンテナ取扱量、14カ月連続マイナス(04/26)

香港航空、パイロットに移籍を提案(04/26)

空港第3滑走路、埋め立てに18週の遅れ(04/26)

本土銀が香港で迂回融資、金融当局が指摘(04/26)

HKMA、中国輸出信用保険と提携(04/26)

HKEXの上場改革から1年、活用9社のみ(04/26)

5日続落、中国株の下げ影響=香港株式(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン