オフィス完成面積がピークに 今年は11年ぶり多さへ、取引復調

香港のオフィスビルの完成面積が今年大きく反発して直近年のピークに達する見通しだ。不動産価格の査定を行う香港政府差餉物業估価署によると、今年の完成面積は前年から6割近く増え、2008年以来過去11年で最多になるとみられる。直近ではオフィスの取引も大きく上向いている。 …

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港鉄路、東鉄線の運行を見合わせ(16:34)

域内各地で抗議活動止まず 中環で連日のデモ、数千人が参加(11/13)

香港デモで50代邦人男性が負傷、外相発表(11/13)

香港発砲「法に基づく処置」、中国が正当化(11/13)

暴力停止求める声高まる、香港メディア(11/13)

香港情勢、利益への影響軽微=HSBC幹部(11/13)

SFC、UBSに罰金4億ドル=今年2度目(11/13)

反発、騰訊が2%以上の上げ幅=香港株式(11/13)

DBS香港、1~9月期純利益が過去最高(11/13)

20年の昇給率、実質1.4%=英人材調査会社(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン