• 印刷する

農水省、欧州投資銀に開発支援を要請

カンボジア農林水産省は3日、かんがい設備など農林分野の開発を目的とする支援を欧州投資銀行(EIB)に要請した。クメール・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

カンボジア政府は、2019~23年の農林分野の開発戦略として、梱包(こんぽう)・加工・貯蔵施設の建設や輸送手段の向上、かんがい設備の拡充などを掲げている。ベイン・サコン農林水産相は3日、EIB代表団との会合で、これらの目標を達成するための技術的・財政的支援の検討を要請した。

EIBは、農水省が挙げる各事業に対する優先度を決めるため、専門家チームを派遣する構えだ。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 農林・水産建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新興IT300社に急増 5年で6倍、資金調達など課題(05/21)

租税総局、今後5年で税務サービス強化(05/21)

シアヌークビル、国道4号で渋滞深刻化(05/21)

ウイング、タイ送金でディーマネーと提携(05/21)

マレー養鶏大手、生産拠点の新設検討(05/21)

シアヌークビル州、違法建設現場に撤去命令(05/21)

ANZ銀買収がずれ込み Jトラスト、9月までに完了(05/20)

外為GCGの幹部逮捕、首相画像を無断掲載(05/20)

首都政府、排水溝へのごみ捨てに警鐘(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン