インドの輸出割当決定で、豆価格が回復

ミャンマー産の緑豆とハト豆の最大都市ヤンゴンでの市場価格が、3月末に主要輸出先のインドが輸入割当を発表して以降、上昇に向かっている。国営紙グローバル・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。 ヤンゴンでの緑豆(標準品)の価格は、インドが輸入割当を発表した3月29日時点…

関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

7月のインフレ、8.35%でまた上昇(19:31)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

ヤンゴン外環道計画、物流拠点の建設も視野(09/19)

違法滞在の中国人に反発、カイン州で対策委(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

チン州、若者が将軍像設置に反対(09/19)

発電容量560万KWに、能力拡張計画も進行(09/19)

天然ガス輸出額、8月までで14%増(09/19)

竹産業の発展を森林法が阻害=業界団体(09/19)

水協銀、ミャンマーで小口金融サービス(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン