• 印刷する

《日系進出》住友電工、ハードメタルの駐在員事務所

住友電気工業(大阪市)は2日、ベトナムのハノイにハードメタル事業の駐在員事務所を設立すると発表した。ベトナムの切削工具市場でのシェア拡大に向けた市場調査を実施する。

住友電工が全額出資する住友電工ハードメタル(兵庫県伊丹市)がシンガポールに販売拠点として置く住友電工ハードメタル・アジア・パシフィックのハノイ駐在員事務所となる。切削工具に関する市場調査のほか、現地特約店の技術支援を手掛ける。

ベトナムでは、日系の自動車・部品メーカー各社がグローバル量産拠点として進出し、製造ラインの新規設置や増設を加速させている。また、現地でも機械加工の裾野が広がっており、多様なニーズへの対応が求められているという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 鉄鋼・金属その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

カギは「教育」と「評価」 越で深刻化する人材不足(上)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

HCM市、立ち退き補償の期間規定を提案(04/19)

ABB、ダナンのスマートシティー化で覚書(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

FPT、1~3月は2割の増収増益(04/19)

ビングループ、AI研究所を開設(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

フエにスマートシティー、事業費2200万ドル(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン