血液検査で胃がん発見、年内に世界初導入も

初期の胃がんを発見する血液検査が、年内にもシンガポールで導入されそうだ。実現すれば世界初の事例となる。 胃がんは、がんの中で5番目に患者数が多く、世界では年間約100万人が新たに発症している。発見には胃カメラを使った内視鏡検査が一般的だが、患者の体への負担が大きい…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ウィズメタック、地場青果卸に1億円請求(13:58)

テイクオフ:シンガポールで生活して…(12/10)

日本企業4社、テマセク傘下ファンドに出資(12/10)

アサヒ、隣国自販機会社を買収(12/10)

輸入サービスの消費税、100社超が登録(12/10)

EC潜在力ランク3位、アジアでは首位(12/10)

仏石油トタル、アジア太平洋統括拠点を開設(12/10)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(12/10)

今年のM&A活発、大型案件は減少(12/10)

【ビジネス現場】第2回 ASEANでの価格戦略(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン