輸入関税さらに低下、TPPと日欧協定2年目

【共同】環太平洋連携協定(TPP)や日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)による輸入関税の段階的な引き下げは、4月から制度上2年目に入った。協定発効後に輸入が急増した牛肉や豚肉などの関税率は4月に一段と低下し、国内農業への影響を含め輸入動向が改めて注目…

関連国・地域: ベトナムオーストラリア日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

不動産サムティが海外事業 HCM市2区の複合施設に出資(05/21)

イオン、大型店展開を本格化 家電など充実、8月に2店目(05/21)

パクセーで5S研修、日本が支援(05/21)

グーグル、華為のスマホにソフト提供停止(05/21)

介護素材を東南アジアで拡販 京都企業、マレーシアに工場(05/21)

ファミマ、ハラル認証取得 マレーシアで中食展開を後押し(05/21)

ムスリム向け家電を強化、シャープ(05/21)

ジャカルタ州知事、東京で講演 情報の真偽見抜く中間層の育成を(05/21)

新市場の「フグ」に熱視線 上海に料理店進出、輸出模索も(05/21)

ヒューマンHD、比人材大手と合弁設立へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン