• 印刷する

3月輸入車販売、前年比31.5%減

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、2018年3月の輸入車販売台数(登録台数基準)は1万8,078台で、前年同月に比べ31.5%減少した。輸入車の新規登録の遅れと、在庫不足が原因とみられる。

ブランド別では、独メルセデス・ベンツが4,442台でトップ、BMWが2,999台、ホンダが1,457台で後に続いた。日本勢ではこのほか、トヨタの高級ブランド「レクサス」が1,371台で4位、トヨタが913台で6位、日産が382台で12位、日産の高級ブランド「インフィニティ」が237台で15位となった。

メーカーを国別でみると、ドイツなどの欧州車が1万2,081台で全体の66.8%を占めた。日本車は4,360台で24.1%、米国車は1,637台で9.1%だった。

燃料別では、ガソリン車が1万182台、ディーゼル車が5,321台だったほか、ハイブリッド車(HV)は2,453台、電気自動車(EV)は122台だった。

最も売れたモデルは、メルセデス・ベンツの「E300」。このほか、同社の「E300 4MATIC」、レクサスの「ES300h」が続いた。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

斗山重と昌原市、水素液化施設を建設へ(14:06)

3月訪韓客数12%増、日本が伸び率首位(13:08)

現代商船、ロシア向け定期航路を新規就航(12:28)

テイクオフ:亡くした子を記憶するた…(04/24)

韓国官民が中央アジア開拓へ 文氏外遊、現代自は組立工場(04/24)

農林水産への就業増、大手のリストラ余波で(04/24)

自営業者向け融資、今年に入り返済状況悪化(04/24)

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持(04/24)

ネット銀に課題山積、新規2社も承認難航(04/24)

SKハイニックス、マグナチップ買収か(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン