台電、大気汚染物質排出30年には16年比半減へ

公営の台湾電力(台電)はこのほど、同社として初となる環境白書を発表した。白書の中で、台電は、火力発電による大気汚染物質と温室効果ガスの削減計画を明らかにした。2016年との比較で、30年に大気汚染物質は50%、温室効果ガスは20%の排出量をそれぞれ削減することを目標に掲…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外に滞在中、特に途上…(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

電動二輪車、2年で2.7倍 普及には使用コストの低減が鍵(11/20)

新保と肚肚が提携、飲食業界をスマート化へ(11/20)

ASUS、インドで年内に200店体制へ(11/20)

東元、比で中国企業と電動三輪の合弁会社(11/20)

六福、春節向けの冷凍食品を投入強化(11/20)

家具の震興集団、ベトナムの病院を拡張(11/20)

3Qの製造業生産額、3四半期連続マイナス(11/20)

台湾セメント、初のアフリカ工場建設(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン