• 印刷する

台北「ビブグルマン」、19年は夜市から24店

ガイドを発行する仏タイヤ大手のミシュランはこのほど、飲食店の格付け本「ミシュランガイド2019」台北版の正式発表を前に、低価格かつ高品質の料理を提供する店に与えられる評価指数「ビブグルマン」を獲得した台北市内の飲食店34店を発表した。3日には夜市の特選B級グルメリストも公表し、24店が選ばれた。

ミシュランガイドは専属の覆面調査員が各都市を代表する飲食店を評価し、1から3までの星の数で格付けしたのが特徴。ビブグルマンは従来の星による評価からは外れるが、コストパフォーマンスの高い料理を提供する店に与えられる。

台北版では、レストラン34店がビブグルマンに選ばれ、うち雲南料理の「人和園」(中山区)や台湾料理の「欣葉小聚今品」(南港区)など12店が初めて選出された。

ミシュランガイドではシンガポール版、タイ・バンコク版、香港・マカオ版などに、屋台などのリーズナブルな店を網羅したカテゴリー「ストリートフードリスト」を設けている。

同カテゴリーは台湾版にも採用され、19年は夜市の24店が選出された。うち大同区の「寧夏路夜市」からは、鶏肉飯が人気の「方家鶏肉飯」、万華区の「南機場夜市」からは薄い皮に野菜や肉そぼろを包んだ台湾風春巻きが有名な「松青潤餅」など15店が初めて選ばれた。

19年のミシュランガイド台北版は今月10日に刊行予定。台北版は昨年初めて刊行され、20店が星を獲得した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近くでオープンした店の…(04/24)

開拓者、90年代から根を張る 看見カンボジア(1)躍動、台湾企業(04/24)

エイサー、高齢者向けタブレット事業で成果(04/24)

上奇がデジタル印刷強化、マレーシアに新会社(04/24)

太陽電池の益通が生産停止、市況低迷受け(04/24)

3月のスマホ販売台数、前月比6.7%減(04/24)

和泰・裕隆、自動車大手2社で計600人採用(04/24)

日立、永大機電への出資比率を4割に引き上げ(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン