中鋼が400億元投じ製造工程改善、環境対応で

鉄鋼台湾最大手、中国鋼鉄(中鋼、CSC)の翁朝棟董事長は2日、環境問題への関心が高まっていることを受けて、製造工程の改善を進める方針を明らかにした。向こう10年で400億台湾元(約1,450億円)超を投じて、環境に配慮した工場に改善する。今年12月には、第1コークス炉の整…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: 鉄鋼・金属建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:台北MRTでユニホーム…(09/24)

医療保健支出16%、過去最高 「高齢社会」鮮明、18年家計調査(09/24)

鴻海系FII、敏実とスマート工場で提携(09/24)

スカイアンコール航空、台湾2県に就航へ(09/24)

5Gの第2弾免許、23年に交付へ(09/24)

TSMCの5ナノ、20年3月に量産へ(09/24)

遠伝、韓国TV局と提携で5G生番組配信(09/24)

半導体封止の日月光、生産の自動化を加速(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン