• 印刷する

テイクオフ:新たな元号が「令和」と…

新たな元号が「令和」と決まり、平成も残り1カ月足らずとなった。平成の30年間を振り返ると、その名のような平らかな時代ではなかった。初めはバブル景気の余韻が残り、将来を楽観視する雰囲気がただよっていた。やがて「失われた10年」の言葉が生まれ、それが15年、20年、30年に変わっていった。その間、少子高齢化が日本の体力を着実に奪い、リーマン・ショックや阪神・淡路大震災、東日本大震災などが追い打ちをかけた。

そうした日本とは対照的に、中国をはじめとしたアジア諸国は目覚ましい経済成長を遂げた。かつては「貧困」がアジアの代名詞だったが、この30年でアジアの経済地図は大きく塗り替わった。

変化は時に緊張を生むが、令和には「うららかな春のような平和」への祈りが込められているという。日本とアジアの関係にとってもぜひそうした時代であってほしい。(須)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(11/15)

「精密農業」の強化に着手 官民連盟発足、日本超え目指す(11/15)

上場商銀、3Qは2%増益 生保販売やデジタル化で収益確保(11/15)

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

テイクオフ:外国人旅行者の誘致に力…(11/15)

【アジア三面記事】大胆なテイスティング(11/15)

豊田合成、タイビンのエアバッグ工場拡張(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン