• 印刷する

省別競争力、クアンニン省が2年連続トップ

ベトナム商工会議所(VCCI)は3月28日、2018年度の「全国省市産業競争力指数(PCI)」調査結果を発表した。北部クアンニン省が2年連続で首位となった。

PCI調査は今回が14回目。「市場への参入コスト」や「土地の収用」「透明性・情報入手のしやすさ」「行政手続き」「非公式な出費」など10項目について、民間企業と外資系企業の計1万2,000社余りの評価を指数化した。

クアンニン省は70.36ポイントでトップ。行政手続きの速さや簡素さが高く評価された。2位は南部ドンタップ省の70.19。昨年の3位から順位を上げた。同省は11年連続でトップ5以内を維持している。3~4位は南部ロンアン省(68.09)、ベンチェー省(67.67)。

5位の中部ダナン市(67.65)は13年度の調査以来、最も低い順位となった。行政手続きサービスの質が落ちたと各企業が指摘している。6位以下は◇南部ビンズオン省(66.09)◇中部クアンナム省(65.85)◇南部ビンロン省(65.53)◇ハノイ市(65.39)◇ホーチミン市(65.34)――の順。ハノイ市がトップ10に入ったのは初めて。最下位は中部高原ダクノン省(58.16)だったが、前年に比べ3ポイント余り上昇しており、改善度では1位となった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

トヨタ、11月の販売数は11%減の6600台(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

HCM、物流センター開発の基本計画起草へ(12/12)

車フィルムのハイクール、越で首位目指す(12/12)

日建シビル、HCM市カンゾー開発の計画案(12/12)

フーミーフン、高級SSR第1期引き渡し(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

韓国DK&D、越工場の不織布ライン増設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン