• 印刷する

テイクオフ:バンコクの高架鉄道(B…

バンコクの高架鉄道(BTS)が開通した当時、体験乗車に参加したタイ人の子どもたちが「日本みたい」とはしゃぐ姿を見て、そんなに良いものか?と思ったことがある。高校生のときから通勤ラッシュにもまれていたせいか、電車での移動は疲れるし苦痛なものと感じていたからだ。

タイに遅れること約20年。ジャカルタでも先日MTRの南北線第1期が開業した。試乗した人からは「乗り心地がよい」「車両がきれい」と好意的な声が聞かれたが、大変なのはきっとこれからだ。記念式典で大統領自らマナー順守を呼び掛けたのは、ゴミのポイ捨てや割り込み乗車が多発するのを心配してのことだろう。山手線のような整然とした秩序までは求めないが、にぎやかで清潔で混雑を気にせず移動できる――。そんな都市交通が実現できるか、今こそジャカルタ市民の真価が問われる気がする。(史)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン