建設ジョージケント、通期は大幅減収減益

英系エンジニアリング大手ジョージ・ケント(マレーシア)が25日に発表した2019年1月期通期決算は、過去最高益となった前年度から一変し、大幅減収減益となった。政権交代で首都圏のLRT(軽量高架鉄道)3号線事業が見直しとなったことが響いた。 売上高が前期比30.2%減の4…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に長男を出産し、新…(10/16)

新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点(10/16)

トヨタ、カローラアルティス新型モデル発売(10/16)

超富裕層への課税強化、1億リンギの税収増(10/16)

政府債務保証に上限設定、監査局が提言(10/16)

M&A取引件数、20年は221件に増加予測(10/16)

会社委員会の登記番号、11日から12桁に(10/16)

ペトロナスケミ、サイパークとごみ発電へ(10/16)

【グラフでみるASEAN】対日貿易(8月) 輸出が5カ国でマイナス、下落率最大はシンガポール(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン