• 印刷する

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結

韓国・現代自動車の現地法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は25日、労働組合と3年間の賃金協定を締結した。技術者の賃金を平均で月額2万5,200ルピー(約4万円)引き上げる。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が伝えた。

新たな賃金協定の適用期間は、前回の協定が失効した2018年4月から21年3月までの3年間。賃上げは段階的に実施され、1年目に月額平均1万3,860ルピー、2年目に同6,300ルピー、3年目に同5,040ルピー引き上げられる予定だ。2,200人以上の従業員が対象となる。

HMILの労働組合、現代従業員統一連合(UUHE、United Union of Hyundai Employees)のラマナサン代表によると、賃上げのほかに、住宅ローンの金利補助や無金利の個人向け融資なども提供される見通しという。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:25年の歴史を持つイン…(04/22)

三輪車輸出、昨年度は5割増 ラストマイル向け需要が後押し(04/22)

マヒンドラ、フォードと中型SUVを開発へ(04/22)

VWの西部チャカン工場、出荷100万台達成(04/22)

二輪車ロイヤル、韓国市場に参入(04/22)

神戸製鋼、ゴム機械合弁を完全子会社化(04/22)

国営アルミ、リチウムイオン電池を生産へ(04/22)

石油公社、鉛蓄電池の市場展開で連携模索(04/22)

商船三井、RILのエタン船運用会社に出資(04/22)

運航停止のジェットエア、政府に支援を要請(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン