AGLが60%増益、VIC州石炭火電閉鎖で

フランスの電力・ガス大手エンジーと三井物産が2017年3月にオーストラリアのビクトリア(VIC)州ラトローブバレーにあるヘーゼルウッド石炭火力発電所を閉鎖した後、電力市場で価格が上昇し、エネルギー販売最大手AGLエナジーの粗利益は60%増、金額にして8億3,200万豪ドル…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーで出会った動物…(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

コールズ、ガソリン価格が小売り最高値(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

豪の紙幣流通、6%増の800億$=RBA(10/21)

豪州などの世界経済、景気低迷で日本化へ?(10/21)

豪税務委、顧客の過大申告の税理士らを調査(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

豪高級ブーツ企、年産能力を2倍に増強へ(10/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪連邦裁判事、競争委とVWの和解に異議(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン