• 印刷する

鴻池運輸、印南北で自動車の鉄道輸送を開始

小型車300台前後の搭載が可能な鴻池運輸の専用車両(同社提供)

小型車300台前後の搭載が可能な鴻池運輸の専用車両(同社提供)

鴻池運輸は25日、4月からインドの首都ニューデリー―南部ベンガルール(バンガロール)間で、現地で生産された自動車の鉄道輸送事業(AFTO)を開始すると発表した。自動車メーカーについては非開示。

自社の自動車輸送専用の車両1編成を投入する。27両を連結したもので、小型車約300台を搭載できる。今後2年間で9両編成に拡大予定。4月1日には日本にインド統括本部を設置し、インドにおける鉄道輸送事業や医療材料のサプライチェーン改善事業などでの業務拡大を目指す。

2017年から、インドで鉄道コンテナ輸送事業(CTO)を手掛ける。デリー首都圏(NCR)のコンテナ貨物発着地であるファリダバードと西部の3カ所の貿易港を鉄道輸送でつなぎ、自動車部品などを運んできた。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店先でお釣りに紫色の札…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

鉄道展で日本品質をアピール 技術力と価格の両立が課題(10/24)

鴻海、iPhoneXRのインド生産量300万台に(10/24)

グラシム、独送配電機器メーカーと合弁設立(10/24)

防犯カメラのCPプラス、生産能力を増強(10/24)

ビスタラ、日・米路線でコードシェア(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

起亜自が勤務シフトを追加、セルトス好調で(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン