外国人雇用規制強化、外食の収益に打撃小さく

シンガポール政府がサービス業における外国人雇用規制の強化を打ち出したことで、シンガポール取引所(SGX)に上場する外食企業の多くはコスト増に直面しそうだ。ただ収益への打撃はさほど大きくないとの見方も出ている。 政府は、2月の2019年度(19年4月~20年3月)予算案…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ギャンブル依存症は恐ろ…(04/23)

乗用車の新規車両登録15%増 1~3月、上位メーカーけん引(04/23)

農産物流通スタートアップ、資金調達を完了(04/23)

不動産キャピタランド、裁量型ファンド始動(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

スマート公営住宅、第2弾は西部テンガで(04/23)

仮設足場ダイサン、3社買収で初の海外進出(04/23)

ヨシムラフード、水産加工メーカーを買収(04/23)

輸入車販売業者、裁判所が業務改善命令(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン