外国人雇用規制強化、外食の収益に打撃小さく

シンガポール政府がサービス業における外国人雇用規制の強化を打ち出したことで、シンガポール取引所(SGX)に上場する外食企業の多くはコスト増に直面しそうだ。ただ収益への打撃はさほど大きくないとの見方も出ている。 政府は、2月の2019年度(19年4月~20年3月)予算案…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアで事業を展開…(10/24)

多国籍企業の存在感上昇へ HRテックビジネス活況(下)(10/24)

9月コアインフレ率、3年6カ月ぶり低水準(10/24)

科技庁と10社、パーソナライズ商品で提携(10/24)

シンガのスワッグ、電動二輪を来月発売へ(10/24)

飲食キムリー、カフェなど47億円で取得(10/24)

ビスタラ、日・米路線でコードシェア(10/24)

社会事業団体、スーパーなど傘下の3社統合(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

台湾産農水産物の輸出額、1~9月に6%増(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン