• 印刷する

テイクオフ:先日、知り合いに招かれ…

先日、知り合いに招かれ3人のシンガポール人と食事を共にした。日本人は自分だけだったため、もちろん英語で話すつもりで参加したのだが、思いがけず会食中の会話は全て日本語で進行した。というのも、3人全員が13歳から日本語を勉強しており、流ちょうに話すことができたのだ。

シンガポールではバイリンガル教育が施され、子どもたちは基本言語の「英語」と「母語」を学ぶ。母語となるのは標準中国語、マレー語、タミル語だ。これに加え、成績が優秀な子どもたちには中学1年生から、「第3言語」としてフランス語、スペイン語、アラビア語など7つの言語のいずれかを学ぶ機会が与えられる。日本語は制度が確立した1978年当初から選択可能な言語の一つとなっている。

当地でバイリンガル、トライリンガルは当たり前。自分も第3言語の習得を頑張らねば。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(19:12)

金融管理庁、UBSに不正取引で制裁(19:12)

VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い(11/15)

商工会JCCI、20年1月から部会再編(11/15)

ドンキが西部初出店、すしバーも設置(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

IPCCが知財当局と提携、海外初(11/15)

オートバックス、地場自動車整備社を買収(11/15)

バンプーが新エネ事業再編、EV展開を強化(11/15)

東海東京、デジタル証券取引所運営社に出資(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン