• 印刷する

テイクオフ:ビジネスマンに人気の漫…

ビジネスマンに人気の漫画、弘兼憲史氏の「島耕作」シリーズの「会長島耕作」11巻が、22日に日台で同時発売された。台湾編となる同巻では、小籠包レストラン「鼎泰豊」で舌鼓を打ったり、代表的な観光地「九フン」を訪れたりと、島耕作が現地在住者には見慣れた町並みを歩く姿が描かれている。

島耕作は台湾でも有名人。国立の名門、政治大学にも、島耕作シリーズを通じて日本を理解するという授業があるほどだ。政治大学のある教授は、「島耕作は日本経済の縮図であり、日本人の若者の成長記録でもある」とコメントしている。いわゆるモーレツ社員としてがむしゃらに働き、平社員から会長まで上り詰めた島耕作が、現代の日本人を代表しているかどうかはさておき、「朝食はデスクで、昼食後の昼寝はマスト」とのたまう一部のゆるいサラリーマンには刺激になるかも。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の3Q純利益、過去4番目の高水準(12:54)

「精密農業」の強化に着手 官民連盟発足、日本超え目指す(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

ASUS、スマート・IoTの新事業群設立(11/15)

「貿易摩擦恐れず」、広達董事長(11/15)

中華電信の来年賃上げ、最高5%に(11/15)

全家の少添加物商品、年間売り上げ50億元(11/15)

宝雅が桃園に倉庫、生活用品店を北部展開(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン