• 印刷する

テイクオフ:道の真ん中や商業施設の…

道の真ん中や商業施設のロビーなど、なぜここで?と思う場面で急にセルフィーを始めるインドネシア人は多い。試験運行を開始したばかりの国内初の地下鉄ともなればさらに拍車がかかる。話題の最先端にいたい新し物好きたちが「インスタ映え」を狙って真剣にカメラを構える。

南へ向かう下りの電車に乗ると、スナヤン地区を過ぎた辺りで地下から高架に切り替わる。車両が地上に顔を出し、窓の外に景色が広がると、車内に「わあっ」と歓声が沸き起こり、乗客がみな一様にスマホを取り出した。

カップルらしき男女も自分たちに向けて何度もシャッターを切る。女性は次々とポーズを変え写りの良い角度を探すが、男性はどこか覇気がない。ホームに降りても撮影会は続く。完全に彼女の専属カメラマンとなっている男性たちを見て、疲労がにじみ出ている理由が少し分かった。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

テイクオフ:中国といえばパンダ、タ…(10/23)

スリ財務相は留任確定 留任・横滑りは10人、きょう組閣(10/23)

仏ルノーが組み立て生産へ、自動車協会幹部(10/23)

RCEP交渉、年内妥結に向けてさらに継続(10/23)

民間は海外にデータ保管可能に、改正令施行(10/23)

高速鉄道工事場で火災、国営石油のパイプ(10/23)

ボーイング機の部品亀裂、新たに2機で確認(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン